脱毛する前に知っておきたいアレコレ!【みーちゃんブログ】

ボクは、もともと毛深いヒトでムダ毛には悩まされてきました。

日毎ムダ毛対応を通じても、剃刀の種類によってはその日のうちに生えてきたりお肌がもともと弱いこともあって、取り扱うものを選ばないとすぐ炎症を起こしてしまうような状況でした。

ボクが日頃の使ってた剃刀は5枚刃でお肌がにダメージを与えないとコピーのある物でした。

実際その剃刀だと外圧が少なく対応をしてから丸一年中は持ってくれるので助かってました。

ですが、やはり剃刀で対応を積み重ねると薄い表皮も一緒に削られる結果、新しいヘアが生じる前に表皮が先に形成されてしまい表皮の中にヘアが埋もれてしまってる状態になったり、だんだん黒ずみや毛孔の吹き出物が目立つようになってきました。

横を変に触らなければ癒えるのかもしれないと思いつつも、けれどもお手入れのためにはそうもいかないという板挟みで悩んでいたときに、母親からビューティー外科での抜毛を勧められました。

抜毛は痛くて高くてなにか紹介繋がるという感触があったので怖かったのですが、母親自身が体験してその点の当惑は大丈夫だと教えてもらったので一緒について行くことにしました。

医者とは思えないほど盛装でエステサロンという受け付けでびっくりしました。

コンサルテーションもドクターからの丁寧なレビューだったので安心できましたし、実際のケアも輪ゴムでパチンとされるような苦痛平均だったので、感触よりずっと重宝でした。

レーザーでの抜毛だったのですが、必ずケア後は抗炎症クリームを付けるのでケア後の補佐もしっかりしてくれて安心でした。

月に1回から徐々に来院期間が長く罹るテンポなのですが、回を重ねる程に、濃ゆくて気になってたヘアが薄くなって赴き、その次に黒ずみがなくなって赴き、気付けば毛孔の吹き出物もなくなってました。

今ではツルツルの訴求で見極めるような綺麗な横です。誰に見られても恥ずかしくないですし、むしろ横自慢をしたいくらいまとまりました。

抜毛エステサロンだと、診断機具じゃないためバルクが起きやすかったり、バルクが実際起きてしまったときに医者じゃないがゆえに応対、施術ができないので結局は表皮科に通うことになるとドクターからお喋りを聞いた結果、もし抜毛を考えてるほうがいるならエステサロンではなく医者での施術をオススメします。

脱毛についてはここのサイトが役立ちます。→https://xn--vck1fsa7822bzst7qsvqm.fukuoka.jp/